【VISON】2日間限定ランチ<11/27(土)、11/28(日)>もっと観光みえVer3 翁達磨×笠庵 賛否両論 特別コラボランチ 究極の新そば和会席

【VISON】2日間限定ランチ<そば打ちの神様高橋邦弘>翁達磨 × 賛否両論<笠原将弘>のスペシャルコラボランチ

笠原将弘氏x高橋邦弘氏

誰もが一度は名人のそばを食べてみたいと願う
「そば打ちの神様」
高橋邦弘名人と
予約困難な日本料理店賛否両論の
マスター笠原将弘。
今回、VISONでしか実現できない
コラボレーションそば会を
特別イベントとして開催いたします。

蕎麦打ちの神様こと高橋邦弘名人と日本料理人笠原将弘によるVISONのみの特別コラボレーション饗宴を11月27日(土)、11月28日(日)の2日間限定でお届けします。

開催日時

2021年11月27日 土曜日
2021年11月28日 日曜日

第一部 11:00~12:30
第二部 13:00~14:30

高橋邦弘氏

高橋邦弘プロフィール

1972年 片倉康雄氏の「日本そば大学講座」に入門し、そば打ちの世界に入る。
1975年 東京都豊島区にそば店「翁」を開業。その後、自家製粉の環境を求めて山梨県、長坂に移転。
2001年 「翁」を弟子に譲り、広島県北広島町「達磨 雪花山房」にて、そば指導を中心とした活動を開始。
2008年 北海道洞爺湖サミットでそばの手打ちを披露。現在は大分杵築市にて休日のみ開店の完全会員制の
そば屋「杵築達磨」を経営する傍ら、全国へそば行脚し、そば打ち技術の継承に尽力を注ぐ。

笠原将弘氏

笠原将弘プロフィール

1972年 東京生まれ。焼鳥店を営む両親の背中を見て育ち、幼少期からさまざまなセンス、技、味覚を鍛えられる。
高校卒業後、「正月屋吉兆」で9年間修業後、実家の焼鳥店を継ぐ。店の30周年を機に一旦店を閉め、
2004年 恵比寿に自身の店「賛否両論」を開店。メニューは季節の素材を活かした「おまかせコース」のみ。
2013年 名古屋に「賛否両論名古屋」、2014年には広尾に、手打ち蕎麦と粋な肴料理が楽しめる「賛否両論メンズ館」を開店。
『腕・舌・遊び心』をモットーに、父親譲りのセンスと一流料亭で磨いた確かな技術で今日も腕を振るう。
「日本で一番、日本人の役に立ち、喜ばれた和食屋だった」と、後世に名を残せることを目標に日々邁進中。